散らかる原因は“モノ”にあらず?!

query_builder 2021/02/01
ブログ
image_5097106_400_0

前回は
「散らかっているモノは何ですか?」
というテーマでしたね。
その回答として
“使い終わったモノを片付けなかった時という
 あの時の「今」が散らかっているんですよ”
という話しをさせて頂きました。
回りくどい言い方だなぁと思われたでしょう?
皆さんの中にはもっと別な答えを
想像された方がいらっしゃったかもしれませんね。
散らかるのは
・モノが多過ぎるから
・使った物は片付けるというルールが守れないから
・片付けまでを作業に組込む事が出来ていないから
などということは
整理収納に関する色んな本にも書いてありますし
これまでの人生で何度も耳にした事でしょう。
ご自身でも身に覚えがあり
ちょっと耳が痛い事なのではないでしょうか?
そう!皆さん
判っている、判っているんです。
でも「私は出来ていない」
「私は片付けられないんだ」と思っていませんか?
実は、上に挙げた項目では行動が難しいんです。
そこで
すぐに行動するために必要な言葉が「今」です!
「今」何をどうしようとしているのか?
この作業のゴールは?
この「今」の作業を終わらせずに
次の作業に進んでしまう事が大人には多いですね。
例えば
役所で何かの手続きをするために出かける用事があり
ついでに買い物も済ませようと考えたとします。
ならば!と買い物メモを書いて出発。
役所に着いてから
印鑑や通知の書類を忘れた事に気が付く・・・
または
買い物メモを忘れてしまう・・・
結局、家に戻って出直すことになれば
時間も遅くなるし、自分を責めてストレスも倍増・・・
なんて経験、身に覚えがありませんか?
これって、
かなり多くの作業をしているのですが
皆さんあまり自覚がないですよね。
そこで
この一連の作業だけで散らかりそうなモノを
上げてみましょう。
出掛けるにあたって必要なモノや使ったモノは
手続に必要な、印鑑、通知の書類、身分証
買物に必要な、買い物メモ、エコバッグ、財布
外出に必要な、マスク、家の鍵、スマホ、
       ハンカチ、ポケットティッシュ
外出前に使った、筆記具、メモ用紙・・・
前述の話しに出てこないモノも多いですよね。
また、出掛けるまでを一連の作業の視点で見ると
①筆記具とメモ用紙を出す。
②買い物メモを書く。
③使ったモノを元の場所にしまう。
④カバンに印鑑、通知の書類、身分証、
 買い物メモ、エコバッグ、財布、スマホ
 ハンカチ、ポケットティッシュ、マスクなどを収める。
⑤カバンと家の鍵を持つ。
⑥家の外に出る。
⑦家に鍵をかける。
となります。
コレだけの作業を連続でこなしているんですね。
私たちはたくさんのモノを使い
これだけの事を無意識にやっているので
忘れモノや片付けられないモノがあっても
ムリは無いような気がしませんか?
作業と作業の隙間に散らかる原因が潜んでいそうですね。
大人になるにつれて出来る事が増え
無意識でも出来てしまい
一つ一つを確認しなくなっていますが
作業の隙間となっているあの時の「今」を意識することで
取り敢えずは使ったモノが元の場所に戻せると思うのです。
大人になるとしなければならない事が増え
いっぺんにたくさんの事を終わらせようとしてしまいますが
作業を分解してみれば結構大変な事をこなしているんですね。
散らかってしまうのが目に見えるモノなので
ついつい“モノ”が多いから散らかるのだと
考えてしまいがちですが
もしかしたら?
一度に片付けようとする“コト(作業)”が
多過ぎるのかもしれません。

NEW

  • シンプルに必要な作業を仕組化出来たら

    query_builder 2021/05/04
  • 2021年のごあいさつ

    query_builder 2021/02/01
  • せっかく問い合わせができたのに?

    query_builder 2021/02/01
  • コトバにすると「片付く」という魔法

    query_builder 2021/02/01
  • 女三世代同居がドツボにハマる「片付かないワケ」

    query_builder 2021/02/01

CATEGORY

ARCHIVE