新しい日常を手に入れた実感

query_builder 2021/02/01
サポート
image_5081997_400_0

お久しぶりです!
本日もお越しいただきありがとうございます。
不定期更新にて失礼いたします。


昨日は、非常事態宣言が解除されてから初めての週末。
買い物の途中で
久しぶりに家族でラーメンを食べに行きました。

お店の混雑を避けて早めに入ったつもりでしたが
次から次へとマスク姿のお客様。
Tシャツ姿の家族連れ、作業服姿の男性グループ・・・

みなさん、この数か月の間に習慣が出来たのでしょう。
満席になると待ち合いに大勢の人数が溜まらないよう
入口の外で中がすくのを待つ人たち!

そうやって待ってから席についたお客さんたちの
ラーメンをオーダーする声が待たされたイライラ声ではなく
いつも以上に
待ちに待った懐かしい味を楽しみにしているワクワク感と
日常が戻ってきた安心感、幸福感が感じられ
涙が出てきちゃいました。

ああ、
私たちは感染予防を怠らず、
きちんとコロナウィルスとの
付き合い方を取り入れて
新しい日常を手に入れたんですよね!

ただ!気をゆるめてはいけません!!
これからの方が個人の対策が肝心になります。




これは厚生労働省が出している
新しい生活様式の実践例です。

ここには色々なシチュエーションでの行動が書いてあります。

外から帰ったら手洗い&洗顔といったすぐできる「コト」のほか
帰宅後に「シャワーを浴びる」まで書いてあります。

正直なところ
“ここまで細かく指示されなきゃならないの?”
と思いましたが

じゃあ実際に、新型コロナに限らず
インフルエンザなどの感染症予防として
それまでもこの通りに出来ていたのか?
と問われれば怪しいものだったのではないでしょうか?

実際に我が家では
82歳の母親に「石鹸で手を洗う」という習慣が
すっかりなくなっていました。

庭いじりなどで明らかに手が汚れた場合以外は
石鹸で手を洗っていなかったのです。

小学生ならば当たり前に行っていた「コト」が
大人になり歳を重ねるほど
できなくなっているんですね。

また、ここに書いてあることは、
一見【非常事態対策】のように見えますが
一つ一つ見ていけば、他の感染症予防と同じなので
これから出現が予想されるインフルエンザや
これからも出現する可能性がある未知の感染症にも
当てはまる生活習慣です。

それに、外出できない不便さやストレスはありましたが
テレワークやインターネット授業などの『非接触で出来る共働』
親子の「時間」や家で楽しむ「コト」を手に入れながら
健全な日常のありがたさを感じていたのではないでしょうか?

いずれにしても
それまでの「当たり前」が常ではなく

普通に会社や学校に行き
生活の糧を得ることや友達と勉強することが出来る幸せ

マスクなどの輸入品が滞りなく購入でき
必要な時に必要な数を使えていた幸せ

健康ならば滅多に注目を浴びなかった
医療従事者やそれに準じる職業者の苦労や努力を知り
目に見えないところで病気と闘ってくれていた幸せ

私たちの普段の生活が
どれほどたくさんの人たちに支えられていて
安全で楽しみが多かったのか?

それらを知ってこれからの生活でも
生産者や流通関係者、サービス提供者を称えながら
ささやかな「幸せ」に感謝と感動を持って
活き活きと暮らす世の中を目指したいですね!


本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

NEW

  • シンプルに必要な作業を仕組化出来たら

    query_builder 2021/05/04
  • 2021年のごあいさつ

    query_builder 2021/02/01
  • せっかく問い合わせができたのに?

    query_builder 2021/02/01
  • コトバにすると「片付く」という魔法

    query_builder 2021/02/01
  • 女三世代同居がドツボにハマる「片付かないワケ」

    query_builder 2021/02/01

CATEGORY

ARCHIVE